トップ記事村民の森『春の観察会』

村民の森『春の観察会』

「春の森で生き物たちの息吹を感じよう」


自然観察インストラクターと一緒に、村民の森の動植物や野鳥を観察しよう!

「村民の森づくり専門部会」が毎年行なっているイベント『森の観察会』
生命の力強さを春の森から受け取り自然と私たちの関係を感じてみよう。

参加者募集

春の観察会

●2019年5月26日(日)午前9時~午前12時00分

●講師:長野県自然インストラクター山川次彦さんと村民の森づくり専門部会員
◆参加対象者:森の中を散歩できる方
◆参加申込み不要ですので、当日、午前9時までに集合場所へお集まりください。
◆集合場所:午前9時 樅の木荘駐車場
◆持ち物:(持っている方は)双眼鏡、(必要に応じて)飲み物
◆服装:森の中を散歩するのに適した服装・靴(長袖、長ズボン、帽子着用が望ましい)
◆小雨決行しますので、雨の心配がある場合はカッパをご持参ください。(傘は、歩きにくいです)

問合せ先

 原村役場 総務課 企画振興係 電話0266-79-7922

 村民の森に生息する、植物や動物、野鳥を観察します。自然観察インストラクターや部会員の人たちと新緑の森を歩きませんか。きっと新しい発見がありますよ!子どもから大人まで皆様のご参加をお待ちしております。

◎今年度も森の観察会を2回行う予定です!
次回は“冬”(2020年2月2日(日))。
春と違う森の姿が楽しめます!どうぞご期待ください!!

こちらにも、ぜひご参加ください

「村民の森づくり専門部会」では、定例活動を行なっております。
里山保全や森林整備に興味のある方は、ぜひご参加ください!(村外の方も大歓迎)

定例活動の日程は、村民の森専門部会令和元年度活動内容.docx (DOCX 16.8KB)をご覧ください。

「村民の森づくり専門部会」とは…

村有地 約5ヘクタールの林を活動の場として、人々が森林と関わることにより、里山として活用することの意義を理解したり、世代間の交流を図ったりしながら、やすらぎの場、学びの場としての森を長期的な展望の下に保全していく活動を行なっております。
村民の森は、どなたでも自由に入り、そのまんまの自然を観察したり、体験することができる場所です。(植物の持ち込み、持ち出しは禁止しております)

 

DSC_0288.JPG  
 子どもから大人まで楽しく参加できます!
 双眼鏡の正しい使い方も教えてもらえますよ。
 双眼鏡を使えば、遠くを飛ぶ野鳥の観察もできます

 

DSC_0023.JPG

  生きものの命をつなぐための営み、仕組みなどを観察しながら学ぶこともできますよ。

  原村では見慣れているいつもの森ですが、学ぶことによりいつもと違った森になるかも

 

 

カテゴリー

地図

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。