トップ記事諏訪地域の力が集結●SUWA小型ロケットプロジェクト

諏訪地域の力が集結●SUWA小型ロケットプロジェクト

人材育成と諏訪圏のものづくり技術の向上をになう

諏訪6市町村と地域の精密機器メーカー、信州大学工学部が参画する「SUWA小型ロケットプロジェクト」が進められています。
信州大学工学部 SUWA小型ロケットプロジェクト

ハイブリッドエンジンを搭載した小型ロケットを対象にした信州大学の教育研究プラグラムを通して、自ら提案することのできる「提案型技術者」を輩出、諏訪圏の精密工業の発展を支える人材を育成することが目的のひとつです。

1.jpg

さらに、自前の部品を製作することから、諏訪圏の宇宙機器の技術力、ものづくり技術の向上にもつなげます。

3月に2回目の打ち上げ実験を予定

ロケット1号機は平成28年3月に打ち上げ実験が行われ、上空338mまで上がりました。次回、3月には全ての部品がオリジナルで作られた2号機の打ち上げ実験を予定しており、最終調整が進められています。2号機ではプロジェクトにて設計したエンジンの搭載を目指しています。

2.jpg

SUWA小型ロケットプロジェクトで打ち上げ実験されたロケット1号機は、直径6cmほどと、一見するとペットボトルのような細さです。全長も約150cmと1人で運べるほどコンパクトです。

3.jpg

こちらのSUWA小型ロケットプロジェクト・1号機の模型が、原村役場の村民ホールに展示されています。
IMG_3542.JPG

村内遺跡からの出土品の隣に置かれています。縄文時代の石器と宇宙ロケットが隣り合う不思議な空間、役場にお立ち寄りの際には、ぜひご覧ください。
IMG_3545.JPG

 

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。