トップ記事原村住宅リフォーム促進事業補助金のご案内

原村住宅リフォーム促進事業補助金のご案内

原村では、住民が安心して住み続けられる住まいづくりを促進し、村内住宅関連業者の振興や地域の活性化を図ることを目的に、申請者が村内に所有・居住している住宅を、村内の施工業者で50万円以上のリフォームを実施した場合、一律10万円を予算の範囲内で補助します(本補助金は令和元年度末(令和2年3月31日)まで延長されました)。

ご案内

  • 令和元年(平成31年)度分の申請は、令和2年3月31日までに工事完了後の実績報告書が提出できるリフォーム工事に限ります。

補助対象者

  • 次の要件をすべて満たす方が補助の対象となります。
    1. 原村に住民登録のある方
    2. 過去に当補助を受けていない方
    3. 村内に本店を有する法人及び村内に住所を有する個人事業者が施工する工事であること
    4. 村税等の滞納がない方
    5. 申請年度内に工事完了実績報告書を提出することができる方

補助金額

  • 50万円以上の住宅リフォームに対し、1律10万円の補助となります。
    ※1棟の住宅に対し、1回限りの補助です。

補助対象となるリフォーム工事内容等

申請の流れ

申請

  • 住宅リフォーム促進事業補助金交付申請書と次の書類を用意して、工事着工前に申請してください。
    ※工事着工後の申請は受付できませんのでご注意ください。
    1. 住宅リフォームの工事請負契約書又は見積書の写し(施工業者の名称、所在地、電話番号、対象経費の内訳が記載され、捺印のあるもの)
    2. 補助対象住宅の平面図又は立面図(工事計画が記載されたもの)
    3. リフォーム工事を行う住宅を本申請者が所有していると証明ができる書類の写し(例:申請する建物の登記簿謄本、固定資産税納税通知書(申請する建物部分のみ)、所有証明等)
    4. 対象住宅の全景写真
    5. 案内図(地図、対象住宅の位地にしるしをつけたもの)

交付決定

  • 申請書等を審査し、補助について適正と認められる場合は、決定通知書を送付します。交付決定通知が到着した後、工事着工してください。
    ※補助対象者の方に村税等の滞納がある、若しくは住宅リフォームの工事内容が補助対象外等の場合は、補助金交付の対象となりませんので、申請前に十分ご確認ください。

実績報告

  • 工事完了後速やかに、住宅リフォーム促進事業補助金実績報告書と次の書類を用意して、建設水道課環境係に提出してください。
    ※実績報告書は、工事完了後30日以内又は申請年度の3月31日のいずれか早い日までにご提出ください。申請年度内に実績報告書をご提出いただけない場合は、補助金を交付できませんのでご注意ください。
    1. 住宅リフォームに係る領収書の写し
    2. リフォーム工事前と工事完了後の写真(同じ箇所でリフォームしたことが明らかな写真)
    3. その他住宅リフォームの内容がわかる書類(内訳書等)

補助金の確定及び請求

  • 実績報告書等を審査し、補助について適正と認められる場合は、確定通知書を送付します。
  • 住宅リフォーム促進事業補助金交付請求書に必要事項をご記入のうえ、建設水道課環境係に提出してください。

補助金の支払い

  • ご指定の口座へ補助金をお振込みします。
  • お振込みの時期は、補助金交付請求書をご提出後、約1ヶ月程度となります。

※申請住宅の立地場所によっては、そのリフォーム工事の内容によって「長野県の景観計画区域内における行為の届出書」が必要となる場合もありますので、詳細はお問い合わせください。

参考リンク:長野県ホームページ「景観法及び長野県景観条例に基づく行為の事前届け出について」
https://www.pref.nagano.lg.jp/toshikei/infra/shinsei/kensetsu/kekanho.html

関連ファイル

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。