トップ記事八ヶ岳美術館 没後40年「清水多嘉示 生命と構築性の絵画」第2期

八ヶ岳美術館 没後40年「清水多嘉示 生命と構築性の絵画」第2期

没後40年「清水多嘉示 生命と構築性の絵画」第2期

八ヶ岳美術館では村出身の芸術家・清水多嘉示の没後40年を記念し、清水多嘉示の絵画展を開催します。

清水多嘉示は、日本を代表する彫刻家として高名ですが、画家として渡仏した1923年から1940年代前半までの20年の間、絵画と彫刻の両ジャンルで作品発表を続けました。

pdf2_a.jpg

帰国後は、帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)の創設に加わり西洋画科で教授を務めながら、帝展や国画会、新文展で活躍しました。その後、彫刻家として華々しい活躍をしながらも、デッサンを重要視した清水は、生涯を通して多くの優れた絵画作品を残しています。


第2期となる本展では、清水の
1.フランス留学から日本に帰国後の1929~40年代の油彩
2.彫刻への道を突き進んだ戦後50~70年代の人体デッサンやスケッチ
3. 渡仏以前の諏訪時代に描かれた油彩
を中心に、日本で制作された未公開作品を含む約80点の絵画を紹介します

諏訪や原村など、皆さんにとって見覚えのある景色を探してみてください。

関連イベントについては、八ヶ岳美術館のホームページをご覧ください。
https://yatsubi.com/exhibition/article-next.php?post_id=3317

 

イベント情報

会期:2021年9月18日(土)~2021年12月5日(日) ※会期中無休

お問い合わせ

八ヶ岳美術館 TEL.0266-74-2701
午前9時~午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
入館料:一般(高校生以上)510円/小・中学生 250円
諏訪6市町村の小中学生は図書カードや学生証などの提示で無料入館できます。

DSC_2804.jpg

カテゴリー

地図

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。