トップ記事第3弾 原村事業継続特別給付金について

第3弾 原村事業継続特別給付金について

第3弾 原村事業継続特別給付金

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により経営に影響を受けている村内の中小企業者(農業者は除く)に、事業の継続を支援するため、村独自の給付金を支給します。

第2弾 原村事業継続特別給付金についてはこちら

給付対象 下記3つの要件を満たす事業者が本給付金の対象です

要件 その1 

村内の中小企業者(農業者は除く)で、今後も事業を継続する意思のある次の事業者

  • 法人→村長に法人等の設立(設置)異動等申告書を提出している方
  • 個人事業主→村内で事業活動を行っている方

要件 その2 

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた者で、令和3年4月から同年8月までのうち連続した2月(対象期間)の売上高又は事業収入額の合計が、令和2年又は令和元年同期(基準対象期間)の売上高又は事業収入額の合計額と比較して20パーセント以上減少している方。ただし、令和2年8月以降に創業し前年、前前年との比較ができない場合は、創業計画の売上目標等と比較する。

要件 その3 

  1. 信州の安心なお店として認証を受けている以下の業種を営む事業者
    (飲食業、宿泊業、クリーニング業、理美容業、公衆浴場業、冠婚葬祭業(結婚式場業)、文化芸術施設(映画館・博物館・美術館)、スポーツ施設提供業、遊戯場、カラオケボックス業、療術業)
    信州の安心なお店の認証については申請中の事業者の方も対象となります。
    申請についてはこちら→https://shinshu-anshin.net/
     
  2. それ以外の業種を営む事業者にあっては、感染対策を徹底して事業を行っていること
     

要件 その4

その他、下記の要件を満たしていること

    ▶原村暴力団排除条例に規定する暴力団または暴力団員でないこと
    ▶宗教法人法第2条に規定する宗教団体又は宗教上の組織でないこと
    ▶政治資金規正法第3条第1項に規定する政治団体でないこと

 

申請方法等について

給付上限金額 

  1. 信州の安心なお店認証を受けている業種の事業者は20万円
  2. それ以外の業種の事業者は10万円

※給付金額  (基準対象期間の売上高又は事業収入額)-(対象期間の売上高又は事業収入額

申請期限 

令和4年1月31日(月)まで

申請方法

申請書及び添付書類を原村役場商工観光課窓口まで提出してください。

提出書類

【法人】

  1. 原村第3弾事業継続特別給付金申請書兼請求書(様式第1号)
  2. 村内に事業所を有することを証する書類の写し
    ・定款、登記事項証明、原村法人村民税納付書(領収書)等
  3. 対象期間及び比較対象期間の売上高又は事業収入額が分かる書類の写し
    ・法人事業概況説明書、事業計画書等
  4. 信州の安心なお店認証を受けている方は、認証を受けたことが分かる通知等の写し
  5. 令和2年8月以降に創業した者は、創業したことが分かる書類の写し
    ・定款、登記事項証明等
  6. 令和2年8月以降に創業した者は、創業計画書の写し等
  7.  給付金の受取口座を確認できる書類の写し
    ・通帳の写し(口座番号が確認できる箇所)
     

【個人事業主】

  1. 原村第3弾事業継続特別給付金申請書兼請求書(様式第1号)
  2. 村内に事業所を有することを証する書類の写し
    ・所得税青色申告決算書等
  3. 対象期間及び比較対象期間の売上高又は事業収入額が分かる書類の写し
    ・確定申告書、所得税青色申告決算書、事業計画書等
  4. 信州の安心なお店認証を受けている方は、認証を受けたことが分かる通知等の写し
  5. 令和2年8月以降に創業した者は、創業したことが分かる書類の写し
    ・開業届等
  6. 令和2年8月以降に創業した者は、創業計画書の写し等
  7.  給付金の受取口座を確認できる書類の写し
    ・通帳の写し(口座番号が確認できる箇所)

資料

下記チラシはこのページと同様の内容です。
申請書はPDFとエクセルファイルで同一の内容です。

お問い合わせ

原村役場 商工観光課 商工観光係
TEL.0266-79-7929

(2021.09.28 更新:信州安心なお店の申請について追記しました)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。