トップ記事【県宝指定】~顔面装飾付釣手土器~ 愛称募集のお知らせ

【県宝指定】~顔面装飾付釣手土器~ 愛称募集のお知らせ

平成31年長野県宝に指定された『顔面装飾付釣手土器』の愛称大募集!

原村には98ヵ所の遺跡があり、沢山の土器や石器等が発掘されています。
その中でも、昭和52年に前尾根遺跡(柏木)から出土した『顔面装飾付釣手土器』は、
平成31年に長野県宝に指定され、大変貴重な土器の一つです。
その『顔面装飾付釣手土器』を、皆さんにもっと知って頂き、
親しみを持っていただこうと、このたび愛称を募集します。

縄文人は、この釣手土器に火を灯しランプとして使っていたと考えられています。
形・文様・そして何ともいえないこの表情!!
この土器が、ほぼ無傷な状態で発見されたとは驚きです。

この愛くるしい土器に、皆さんはどんな名前をつけますか?
実物は八ヶ岳美術館に展示してありますので、是非実物を
その目でご覧になり、ひらめいたネーミングをどしどしご応募ください!

<募集詳細>

期  間:令和2年1月4日(土)~2月29日(土)
場  所:下記の5カ所に応募用紙・応募箱を設置してあります。
     ◆原村役場ロビー ◆原村中央公民館ロビー ◆原村図書館
     ◆八ヶ岳美術館  ◆原中学校
選考結果:広報はら4月号で発表(愛称決定者には記念品贈呈)

「顔面装飾付釣手土器」愛称募集

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。