トップ記事原村観光宿泊施設応援給付金交付事業について

原村観光宿泊施設応援給付金交付事業について

宿泊施設の収容人数に応じた給付金で事業継続を支援します

村では、新型コロナウイルス感染症の拡大により著しく観光特需が落ち込んだ村内のホテル旅館等(以下「宿泊施設」という。)の事業継続を支援します。

対象者

旅館業法の許可を受けた村内の宿泊施設(下宿業はのぞく)を営む者で、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため長野県における緊急事態措置等(第2弾)(令和2年4月21日新型コロナウイルス感染症長野県本部決定)による施設の使用停止(休業)等の要請に応じた事業者

※次に掲げる者は、交付対象者としません
(1)村税の滞納がある者
(2)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)及び原村暴力団排除条例(平成24年原村条例第25号)に規定する暴力団員又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者

給付額

収容人数 給付金の額
19人以下 150,000円
20人~29人 200,000円
30人~39人 250,000円
40人~49人 300,000円
50人~59人 350,000円
60人以上 400,000円

申請方法

原村観光宿泊施設応援給付金交付申請書に次に掲げる書類を添えて提出
(1)休業の状況がわかる書類
   (例:休業期間を明記して張り紙した店舗の写真、県・市町村連携新型コロナウイルス拡大防止協力金
   ・支援金の支給決定通知等)
(2)法に基づく旅館業の許可書の写し
(3)村税の納税証明書(村が税情報を閲覧することに同意していただいた方は不要です。)
(4)原村観光宿泊施設応援給付金交付請求書
(5)前各号に掲げるもののほか、村長が必要と認める書類

受付期間

令和2年5月15日から令和3年1月29日まで

資料・書類

 

 

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。