トップ記事文化財を火災から守ろう

文化財を火災から守ろう

文化財防火デーについて

昭和24年1月26日に、世界最古の木造建築物である法隆寺金堂の火災を契機として、昭和30年以降の毎年1月26日を「文化財防火デー」と定め、国民共有の財産である文化財を火災から守ることを目的に、文化財防火運動が全国で展開されます。
原村には歴史的な建造物の闢廬社(あきほしゃ)、中新田津島神社の回り舞台、出土した土器・石器を保管する原村歴史民族資料館や原村埋蔵文化財、貴重な美術品を展示する八ヶ岳美術館など、数多くの文化財があります。

毎年、文化財防火デーの1月26日に教育委員会と合同で村内文化財施設を巡回・立入検査を実施し、火災予防上の不備や問題がないか点検を行っています。

文化財の建物と、2人の消防職員のイラスト
文化財の建物と、2人の消防職員のイラストです。

文化財防火デー

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。