トップ記事令和元年度障がい者優先調達推進方針について

令和元年度障がい者優先調達推進方針について

 

 障害のある人が自立した生活を送るためには、就労によって経済的な基盤を確立することが重要です。

このためには、障害者雇用を支援するための仕組みを整えるとともに、障害者が就労する施設等の仕事を確保し、その経営基盤を強化することも必要です。

このような観点から「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(障害者優先調達推進法)」が制定されました。

原村においても「原村における障害者就労施設等からの物品等の調達方針」をさだめ、障害者就労施設等からの物品の購入、清掃等の役務の提供を受けています。

令和元年度 物品等の調達方針 770,000円

782454.jpg

物品等の調達方針の推移 調達方針  実績
平成25年度 738000円

740,868円

平成26年度 744,000円

744,399円

平成27年度 748,000円

750,177円

平成28年度 753,000円

753,911円

平成29年度

759,000円

759,414円

平成30年度

764,000円

764,917円

            令和元年度                 770,000円

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。