トップ記事公的個人認証サービス(電子証明書)

公的個人認証サービス(電子証明書)

行政手続の電子化により、自宅などのパソコンからインターネットを利用し、さまざまな行政手続が行えるようになります。公的個人認証サービスは、他人による「なりすまし申請」や、通信途中での情報の改ざんを防ぐための安全な機能を皆さんに提供するものです。

  • 申請できる人
    原則として本人
    (代理人による申請も行なえますが、詳しい申請方法につきましては、住民係へお問い合わせください。)
  • 必要なもの
    住民基本台帳カード(住基カード)
    写真付きでない住民基本台帳カードをお持ちの方は、本人確認が必要になります。
    本人を確認できる書類をお持ちください。
    (運転免許証・パスポート・保険証など )
  • 手数料
    電子証明通信料 500円

※電子証明書の有効期間は発行の日から3年間です。

関連ファイル

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。