トップ記事後期高齢者医療制度とは

後期高齢者医療制度とは

増大する老人医療費を踏まえ、現役世代と高齢者世代の負担を明確にして、公平で分かりやすい制度とするため、75歳以上の高齢者を対象に独立した医療保険制度として20年4月1日から始まりました。
全ての75歳(一定の障害があると認定された人は65歳)以上の人は、これまで加入していた医療保険制度を抜けて、新たに「後期高齢者医療制度」で医療を受けることになります。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。