トップ記事原村指定管理者事業評価について

原村指定管理者事業評価について

 指定管理者の管理運営に対する評価シートを公開します

 

1.業務評価実施の背景

指定管理者制度は、多様化する住民ニーズに対しより効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用し、住民サービスの向上と経費の節減等を図ることを目的とした制度です。原村においては平成17年10月から条例を制定し、一部の施設で指定管理者が管理運営を行ってきました。

このような制度変更により、従来の管理委託制度や業務委託と比べ、民間事業者が担う業務の範囲が広がり、管理運営における裁量も拡大することとなりました。そのため自治体にとっては、実際の管理運営がどのように行われたか随時又は定期的に把握しチェックすること(事業評価)が極めて重要になっています。

 

2.業務評価の位置づけ

施設の管理運営に関し、協定に従い適正かつ確実なサービスが提供されているか、サービスの安定的・継続的な提供がなされているかなどの視点について、現地調査や書類審査等により管理運営状況の確認を行い、必要に応じ管理業務の改善に向けた指導等を行い、管理の継続が適当でない等と認めるときは指定の取消し等を行う一連の仕組みを構築し、もって指定管理者による管理の適正を期することとします。

この方針に基づく事業評価は、地方自治法第244条の2第10項及び原村公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例第8条に規定する、指定管理者に対して求める当該管理の業務又は経理の状況に関する報告、実地調査及び指示として行うものです。

 

3.指定管理者の管理運営に対する評価シート(年度評価)

八ヶ岳自然文化園/八ヶ岳美術館
文化園指定管理者評価表(様式).pdf (PDF 505KB)

原村レストハウス樅の木荘
樅の木荘指定管理者評価表(様式).pdf (PDF 543KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。