トップ記事成人祝賀行事対象年齢について

成人祝賀行事対象年齢について

民法の一部改正による成年年齢引き下げに伴う成人祝賀行事対象年齢について

令和4年4月1日より民法の一部を改正する法律(平成30年法律第59号)が施行され、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。原村では成人祝賀行事の対象年齢を何歳とするか決定するため、これから成人を迎える方とその保護者の皆さんにアンケートを実施し、その結果を踏まえて教育委員会で検討した上で以下の通り決定しました。


  • 成人祝賀行事対象年齢:これまでと同様に20歳
  • 成人祝賀行事呼称:20歳を祝う会
  • 成人祝賀行事開催日:1月3日

【理由】

・18歳での開催は、卒業、受験や就職活動の時期と重なり、式典への参加が難しくなると考えられるため。
・成年年齢が18歳となっても、飲酒や喫煙は引き続き20歳からとなるため、現在の成人と同等の権利が認められる20歳で成人祝賀行事を行う方が良いのではないか。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。