トップ記事珪藻土製品のごみとしての取り扱いについて

珪藻土製品のごみとしての取り扱いについて

珪藻土製品のごみとしての取り扱い

 厚生労働省より、一部メーカーの珪藻土製品(バスマット、トレー、コースター、調湿ボード等)から法令の基準を超えるアスベスト(石綿)が混入されていることが判明したと発表がありました。

 アスベストを含む珪藻土製品については、厚生労働省やメーカーからの発表によりご確認いただくこととなりますが、アスベストが含まれている製品かを判別することが難しく、現在調査中の製品もあることから、当面の間、アスベストを含む、含まないに関わらず、珪藻土製品は茅野市、富士見町、原村の管内において、収集場所や処理施設での受け入れを停止することが3市町村の協議により決まりました。

 住民の皆様にはご不便をおかけしますが、適正な処理方法が関係機関から示されるまでは、ご理解とご協力をお願いいたします。

珪藻土製品は各ご家庭で保管

 珪藻土製品全般につきましては、メーカーや販売店等が回収していないものについても、適正な処理方法が関係機関から示されるまでは、各ご家庭での保管をお願いします。

  • 固形のバスマットやコースターについては、通常の使い方で使用している限りはアスベストが飛散するおそれはなく、健康上の問題を生じさせるおそれもないとのことです。
  • 削ったり、割ったりなど破損した場合は飛散のおそれがあるとのことですので、破損しないようにお願いします。
  • 既に破損している場合は、二重にしたビニール袋に入れ、テープ等でしっかりと封をするなど、販売者等が案内・指定する適切な方法で保管するようにしてください。
  • 収集や施設での受け入れの再開につきましては、決定次第お知らせします。

メーカー・販売店等によるアスベストを含む製品回収

 アスベストを含む製品については、各メーカー・販売店が回収しています。

  • 回収対象製品の情報については、厚生労働省や各メーカーのホームページに掲載されている発表によりご確認いただけます。具体的な製品の保管方法や回収窓口への出し方等につきましては、各メーカーや販売店等の問合せ窓口へお問合せください。
  • ホームページの掲載情報は随時更新されています。お手元にある珪藻土が該当するかにつきましては、各メーカーや販売店等の問合せ窓口へお問い合わせください。
  • 厚生労働省やメーカーから新しい発表がありましたら、お知らせします。

アスベストを含む珪藻土製品や回収に関する参考情報

対象事業者 商品名等 発表資料等へのリンク先
株式会社堀木工所 CARACOバスマット、コースター https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15093.html
同上 エコ・ホリン https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15250.html
株式会社カインズ 珪藻土製品 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15498.html

サントリースピリッツ株式会社

サントリー樽ものがたり樽オーク鏡板コースター(珪藻土プレート付) https://www.suntory.co.jp/note/detail/20201207.pdf?fromid=top
株式会社ニトリホールディングス 珪藻土製品

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15629.html

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15781.html

不二貿易株式会社、株式会社ヤマダ電機、ダイレックス株式会社、株式会社グッディ、株式会社イズミ(ゆめタウン)、株式会社三喜、株式会社ハンズマン、株式会社ルームプラス、株式会社しまむら  等

珪藻土製品 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15817.html
不二貿易株式会社、株式会社ワッツ 珪藻土バスマット      水切りマット https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16103.html
エイベクト株式会社 珪藻土トレー https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16190.html
KMJ、JASKIVI(アマゾンでのネット販売) 珪藻土バスマット https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16441.html

※各事業者による最新の発表内容もあわせてご参照ください。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。