トップ記事国民年金の請求手続きについて

国民年金の請求手続きについて

全ての年金は、受けられる資格があっても、自分で請求しないと受けられません。この手続きを「裁定請求」といいます。
裁定請求の提出先には、社会保険事務所に提出する場合と、市町村等に提出する場合があります。次のような場合、市町村の国民年金担当係で手続きをしてください。

老齢基礎年金

国民年金保険料を納めた期間(保険料免除期間等を含む)が原則として25年以上ある方が65歳になってから受けられます。

障害基礎年金

国民年金加入中(または老齢基礎年金を受給していない60歳以上65歳未満で国内在住中)や20歳前の病気やけがによって、障害等級表(1級・2級)に定められる障害の状態になった方が受けられます。

遺族基礎年金

国民年金加入中の方や、老齢基礎年金の受給資格(原則25年)を満たした方が亡くなったとき、その方によって生計を維持されていた「子のある妻」または「子」に子が18歳に達する年度末になるまで(1級・2級の障害にある子の場合は20歳まで)受けられます。

寡婦年金

第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)期間のみで、保険料納付済期間(保険料免除期間含む)が25年以上ある方が何の年金も受けずに亡くなったときに、妻が60歳~65歳になるまでの間に受けられます。

死亡一時金

第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)期間のみで、国民年金保険料を36月(3年以上)納めている方が、年金を受けないで亡くなったときに受けられる一時金です。

未支給年金

年金は、受けている方が死亡した月分まで支払われます。亡くなった方に支払われるはずの年金が残っているときに受けられます。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。