トップ記事原・富士見・北杜の三館共同 縄文にまつわる企画展

原・富士見・北杜の三館共同 縄文にまつわる企画展

三館共同企画展「一・二・三・四 縄文ライフ~縄文人と数」

7月7日(土)より、原村の八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館)、富士見町の井戸尻考古館、山梨県の北杜市考古資料館の三館共同で企画展「一・二・三・四 (ひふみよ)縄文ライフ~縄文人と数」を開催します。

_____.jpg
縄文ライフ.pdf (PDF 2.06MB)

太古の時代に八ヶ岳西南麓に花開いた縄文文化―
そのなかから、各館ごとにテーマを決めて展示しており、
今回は縄文人が意識した数についてご紹介します。

DSC_2778.JPG
(通常展示時のイメージ写真です)

縄文土器についた突起や文様の数には時代ごとに偏りがあり、何か意味を持っているようです。
八ヶ岳美術館でも貴重な土器の露出展示をいたしますので、ぜひおでかけください。

 

三館共同企画展「一・二・三・四 (ひふみよ)縄文ライフ~縄文人と数」

会 期:2018年7月7日(土)~11月25日(日)

今回の企画展にあわせて、スタンプラリーも開催します。
三館をまわってスタンプを集めると缶バッヂをプレゼント。

八王子出発の巡回バスツアーも行われます ※9月17日(月・祝)
詳しくは添付PDFファイルをご覧いただくか
八ヶ岳美術館の企画展のページをご覧ください

 

お問い合わせ

八ヶ岳美術館 TEL.0266-74-2701
午前9時~午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
入館料:一般(高校生以上)510円/小・中学生 250円
(2018年7月14日~9月2日は、信州とあそぼスタンプラリー期間として
八ヶ岳美術館にお越しのすべての小中学生の皆さんの入場料が無料になります)

DSC_2804.JPG

カテゴリー

地図

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。