トップ記事立木の伐採について

立木の伐採について

森林の立木を伐採する際には、森林法第 10条の 8の規定により、あらかじめ市町村長に「伐採及び伐採後の造林届出書」(伐採届)の提出が必要です。

この届出書は、立木の伐採、それに引き続いて行われる造林等の施業が、原村森林整備計画に適合し、適正な森林整備及び保全が図られるようにするためのものです。

伐採届は伐採をする日の前 90日から 30日までの間に提出していただくことになりますので、事前相談も含め早めの手続きをお願いします。(添付書類として位置図又は林班図等の伐採箇所が分かる図面が必要です。準備する事が困難な場合はご相談ください。)

伐採を予定している森林が「保安林」に指定されている場合は別の手続きが必要になり、長野県諏訪地域振興局林務課への届出又は許可申請が必要になります。


※ご不明な点がありましたら、伐採届については農林課農村整備係(内線 146)、保安林については長野県諏訪地域振興局林務課治山林道係(諏訪合庁(代) 0266- 53- 6000)までお問い合わせください。

ダウンロード

様式第1号(伐採及び伐採後の造林の届出書).docx (DOCX 21.1KB)

様式第1号(伐採及び伐採後の造林の届出書)記入方法.pdf (PDF 251KB)

伐採届完了届.doc (DOC 38.5KB)

人工造林・天然更新対象木一覧.pdf (PDF 291KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。