トップ記事感染症で汚染されたごみの出し方について(一般家庭向け)

感染症で汚染されたごみの出し方について(一般家庭向け)

※令和2年3月6日現在、諏訪保健所管内で、コロナウィルスの感染は確認されておりません。

万一家庭内で感染者が出た場合について家庭ごみは次のように対応するように国から長野県を通じ通知がありました。

一般家庭から排出されるマスク等の廃棄物の処理について

 家庭内において新型コロナウィルス感染症の感染者が使用したマスク、ティッシュなどのごみについては、ごみ袋等に入れ、封をしてごみに出すなど、通常のインフルエンザの感染に伴いご家庭から出されるゴミと同様の取り扱い方法で適正に処理されれば、廃棄物を媒介とした新たな感染をもたらす恐れはありません。

感染しないよう予防することが一番大切ですが、万が一自分若しくはご家族のどなたかが感染した場合、使用したマスク等の適正な廃棄をお願いします。

参照)

新型コロナウィルス感染症に係る廃棄物の適正処理について(通知 令和2年3月4日 環境省環境再生・資源循環局長)

その他以下リンクを参照にしてください。

・「廃棄物処理法に基づく感染症廃棄処理マニュアル」

「廃棄物処理における新型インフルエンザ対策ガイドライン」

「廃棄物処理における新型コロナウィルス感染症に関するQ&A」

 

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。